人気キャラクター紹介№16『キャプテンウルトラ』

人気キャラクター紹介№16『キャプテンウルトラ』

人気キャラクター紹介№16『キャプテンウルトラ』

『キャプテンウルトラ』 なぜ現在まで続く超有名特撮シリーズと名前が似ているのか気になる方も多いのではないでしょうか。ここではその経緯と作品の概要に加えて、おもちゃ買取ドットJPで高額買取の実績があるアイテムを紹介したいと思います。

 

超有名特撮シリーズと名前が酷似!?

『キャプテンウルトラ』の放送期間は1967年4月~9月。TBSは前年から本作と同じ日曜19:00からの枠で特撮ドラマを放送していて、初回の「ウルトラQ」のヒットを受けて次作の「ウルトラマン」からウルトラシリーズという名称を使い始めています。

 

「ウルトラマン」は制作に時間がかかる

円谷プロによる「ウルトラマン」も高い視聴率を保っていましたが、制作に時間がかかるという問題がありました。そこで期間を区切って抜擢されたのが東映です。ウルトラを用いていることと『キャプテンウルトラ』だけ作品のテイストが異なるのはこうした経緯によります。

 

前半に登場したバンデル星人のインパクト

宇宙特撮シリーズという名称が併用されたことからも分かるとおり、この作品は本格スペースオペラを志向して作られました。主人公は宇宙パトロール隊の隊員『キャプテンウルトラ』こと本郷武彦。彼が仲間の異星人やロボットともに敵と戦うのが物語の大筋です。ヒーロー側に加えて前半に登場したバンデル星人のインパクトもなかなかのもので、今でもファンの間でとても人気があります。

 

 

 

キャプテンウルトラのキャラクター商品を高額買取!

おもちゃ買取ドットJPでは、超合金、ソフビ、ブリキなど、キャプテンウルトラのキャラクター商品を高額買取中! 

キャプテンウルトラシリーズ買取

たとえば、
「マルサン キャプテンウルトラ 電動リモコン式ブリキ人形」
「ユニファイブ 原色怪獣怪人大百科 キャプテンウルトラ シュピーゲル号」など、
お宝グッズを見つけたらぜひおもちゃ買取ドットJPにお知らせください!

The following two tabs change content below.

トーイ店長

ブリキのロボットやおもちゃ、ソフビ人形、超合金など昔なつかしいおもちゃを丁寧に査定買取いたします!